FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2007.04.09 (Mon)

種まきの準備

5月の連休中に田植えをしたい、というお客様に対応するため、苗の出荷日から逆算して4月の第2週中に1回目の種まきをすることとしました。苗箱に入れる土は今年から三井東圧肥料株式会社製の「合成培土3号」を使用することとし、今週フレコン入りの製品で10トン搬入しました。従来は、1袋20キログラム入りのパッケージで購入していましたが、播種機に投入する際の手間や、空のビニール袋の処理にもエネルギーを使うことから、コスト低減や環境保全に配慮してフレコン(1トンパック)を選択したものです。

20070409_1.jpg


1ヘクタール区画のほ場では、プラウ耕により天地返しして乾燥を促した土をレーザーレベラーで均平にする作業を行いました。ほ場整備工事を行ってから何年も経過すると、盛土部と切土部で高さに差が生ずるため、高い部分の土を低い部分に運搬して平らにするか、低い部分に土砂を投入して平らにするなどの手当てが必要になってきます。区画一面が水平に保たれていれば、水の量が少なくて済む、除草剤が均一に効く、稲の生育にバラつきがないなどメリットが多く、管理コストも下がります。ちょっと専門的な事ですが、ほ場の均平作業についてはコンテンツに追加してみたいと思います。
スポンサーサイト



19:28  |  未分類
 | HOME |